FC2ブログ

Entries

2月度正副理事長会議

昨日は狛江青年会議所の賀詞交歓会の開催日でありましたが、町田青年会議所の正副理事長会議でした。狛江青年会議所の賀詞交歓会へは毛利顧問、平野監事、森田委員長に参加していただきました。毎年違う正副構成メンバー、理事者で会議を開催しますので、1年ごとに会議の雰囲気は変わります。2016年度も特有の雰囲気を新鮮に感じながら会議を行ないました。議案書(起案書)を起案する委員長もそれぞれ得意不得意があり、様々...

稲城JC 賀詞

2016.01.27稲城青年会議所の賀詞交歓会へ参加。中谷監事が最近Facebookにアップする写真が一眼レフっぽいので聞いてみるとレンズが二つ付いているスマホhonor6 Plus を使っているそうです。スマホの進化が止まりませんね。スマホの進化に合わせてアプリも進化し、今ではFacebook、LINEを使って個人間、グループ間のやりとりが手元で簡単にできる時代。新聞、雑誌ではなくスマホで情報を得るので、これまでのメディアの立ち位置が...

町田市中央地区商業振興対策協議会 賀詞交歓会

2016.01.26町田市中央地区商業振興対策協議会 賀詞交歓会に野澤事務局長と参加。町田駅周辺は多くの通りがあり商店が軒を連ねています。また駅前には大型商業施設が立ち並んでいます。9の商店街、10の大型店が連携し、まちを活性化させる目的で1986年に設立された団体です。町田市中央地区商業振興対策協議会さんとは町田青年会議所も「まち☆クリ」(まちだクリーンアップ作戦)でお世話になっております。余興でバルーン...

JGAP

昨日は青年会議所でお世話になった先輩の会社の25周年式典にお招きいただき参加しました。青年会議所のエッセンスが多く盛り込まれた式典は予想以上のクオリティで、来場された方々皆が驚いていたのではないかと思います。自分も地域で学んだ事を一つずつ会社に生かしていかねばと心を新たにしました。町田青年会議所の先輩とその後もう一件お付き合いさせていただきました。「ウィスキーの歴史」「京都会議について」「京都会議で...

京都会議 国際の機会

京都会議にて台湾の神岡青年会議所メンバーと再会することができました。本年度、町田青年会議所では国際の機会を充実させていきます。「世界との友情」を強化しています。台湾でお世話になった友人と京都で共に酒を飲み交わすことは格別な瞬間でした。町田青年会議所のLOMナイト(懇親会)に二次会にお越しいただきました。町田市の銘菓 華月のお菓子そのあともう一件 バーで日本のウィスキーを。今年のASPAC(アジア太平洋会議...

京都会議2016.01.24

京都会議へ行く最大の目的はその年の会頭の話しを直接聞くことかもしれません。毎年大寒時期に開催される京都会議は、一年で一番寒い時期に開催されます。今年は寒波で最高気温が2℃・・・。会頭所信を町田青年会議所メンバーがメインホールで聞くために、毎年設営担当委員会が朝並んでくれます。今年も良い席で聞くことができました。山本会頭の力強い所信の中で新しい資本主義を日本が先導して実現していくという旨の内容があり...

京都会議2016.01.23

今日は京都会議の土曜日。様々なファンクションが開催され、日本中から青年会議所メンバーが京都に集まり、まちはJC一色になります。一年で最も寒い時期である大寒の時期、今年は寒気が来ていて雪になるとの予報です。一年のスタートですから、来てくれたメンバーと学びと楽しみを共有したいと思います。総会後は「パラダイムシフトフォーラム」に参加。講師:田坂 広志 氏[多摩大学大学院 教授] 講師:岡田 武史 氏[FC...

京都会議2016.01.22

いよいよ京都会議が始まりました。町田青年会議所から出向しているメンバーも既に昨日から京都でそれぞれのミッションに向け動いています。2016年度は共感デザイン構築会議の副議長として小林副理事長が、アジアネットワーク確立委員会の副委員長として渋谷国際開発特別理事が町田青年会議所から出向させていただいています。小幹事、委員として多くのメンバーが日本青年会議所に出向しています。この学びを町田青年会議所に持ち帰...

武蔵野JC 賀詞

2016.01.20きのうは武蔵野青年会議所の賀詞交歓会へ。武蔵野青年会議所の中浜理事長は昨年東京ブロック協議会のアカデミー研修委員会担当副会長でした。今年は同期理事長としてのお付き合いとなります。亜細亜大学の吹奏楽部の演奏が式典を盛り上げていました。中浜理事長の所信の挨拶も中浜理事長らしい落ち着いた声で2016年度の武蔵野青年会議所の方向性を示していて、とても良かったです。武蔵野青年会議所さんは昨年45名の新...

消防関係団体合同賀詞交歓会|「修身」についての考察

2016.01.20消防関係団体合同賀詞交歓会にお招きいただき出席してきました。町田市は昨年、大きな災害も無く、消防件数も減少しています。水野署長より、応急救護について町田青年会議所でも何か事業で市民への啓蒙活動をできないかお話がありました。何か会った時にその場で行動できる人を増やすために、私たちメンバーだけでなく多くの人に伝えていくことが大切ですね。同じテーブルに座ったお医者さんの話が心に残っています。そ...