FC2ブログ

Entries

アカデミー研修委員会 開校式

2016.02.12
この日は茶道同好会の初釜に参加し、そのまま
町田青年会議所第7代理事長 山口俊平先輩の
お通夜のお手伝いへ。

山口先輩は町田青年会議所の
設立時(1967年)の
メンバー(チャーターメンバー)です。

町田青年会議所が設立され、市民アンケートを
とり「献血運動」を全国に先駆けて開催。
その後1973年には市民祭「23万人の個展」を開催。

1974年、山口理事長の掲げられた
スローガンは「町田を愛する運動」。
町田における市民主導のお祭り「24万人の個展」
を開催。

当時日本青年会議所より
社会開発計画の推進賞の最優秀賞を受賞するほど
日本全国が注目する事業でした。

賞状にはこう書かれていました。
”貴青年会議所は二年間に亘り「24万人の個展」を
開催し、市民の連帯感と明るい市づくりに貢献されました
よってここに第23回日本青年会議所全国会員大会にあたり
この功績と努力を讃え記念品を贈り表彰いたします
1974年10月13日
社団法人日本青年会議所 会頭 前田完治”

当時ベットタウンとして人口が毎年1万人ペースで
増える町田市は、市民同士の関係が薄いことが
地域の問題点でした。

行政主導ではなく、一人一人の市民が主役である
市民祭を当時の町田青年会議所の先輩方は
ゼロから作ったのです。

町田青年会議所が始めた市民祭は
青年会議所が主導して地域のお祭を開催する一つの
モデルとして全国に広まりました。

町田青年会議所は多摩青年会議所の
スポンサーLOMでもあり、その年の10月に
多摩青年会議所の認証伝達式が行われています。

翌年の1975年に東京ブロック協議会の会長を
務められました。
本当に偉大な先輩です。

お通夜のお手伝い後、東京ブロック協議会
アカデミー研修委員会の開校式へ。



昨年は副委員長(塾長)として、あの場にいましたが
単年度制の青年会議所ですから、きのうは
外から見させていただきました。

毎年アカデミー研修委員会に出向するフレッシュな
メンバーが集い、塾に分かれ一年間
青年会議所とは何か学びます。

あれから一年後の会場に
昨年僕の塾で頑張ってくれた元塾生が多く参加
していました。自然に集まり、自然に皆で
飲みに行こうという話になり、
吉祥寺の居酒屋で近況報告を皆にしてもいらいました。

1年で皆変わります。
出向して頑張る人、LOMで事務局長やる人、
明日入籍する彼女と参加する人、
LOMでちょっとし悩みを持ちながらも頑張ろうと決意する人、
LOMで委員長として頑張る人、
理事長目指して頑張る人、
アカデミー研修委員会の最大の目的は自分の所属する
青年会議所以外に人の繋がりを作ることだと僕は考えてます。

外の風を知らなければ、バランス感覚を失うし
見識は高められないから。
皆に理事長大変ですか?と聞かれたので
「楽しいよ」と答えました。
本当にそう思います。

先が見えない時期もあるけれど、
その先には道があって、苦労した分だけ
楽しさが増します。
昨日もアカデミーの皆から元気をもらいました。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する