FC2ブログ

Entries

3月度例会 『学ぼう!青年会議所の魅力』

2016.03.10
町田青年会議所 3月度例会
 『学ぼう!青年会議所の魅力』が
開催されました。

青年会議所の魅力を
2015年度に公益社団法人日本青年会議所の
第64代会頭を務められました柴田剛介直前会頭を
町田へお招きし、お話をしていただきました。

普通の講演とスタイルを変え
質問を投げかけ、それに柴田直前会頭が
答えるという形で行われました。
質問を投げかける役割は理事長である
私が務めさせていただきました。

THEME
Ⅰ心得
Ⅱモチベーション
Ⅲ先駆

この3つの大きなテーマを
掘り下げ分かりやすくお話をしていただきました。

柴田直前会頭の信条
「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」

青年会議所の本質をとらえた信条であると感じました。
誰もが自分を正当化するために無意識に
過去に起きたことなど他人の事を指摘してしまう傾向が
あると思います。
自分が変われば未来も変わるのだから、過去に固執しても、
何も生まれないのです。
「あの時、あの人が~~~だったのに」
語尾に「のに」が付きます。
「のに」と言わない人ほど、人間としての器が大きく
リーダーとしての資質の高い人物なのだと改めて思いました。

印象的だったのは
「知識」「見識」「胆識」の話しをされたことでした。
私の理事長所信にも書かせていただいたこの言葉は
柴田直前会頭も2015年度に会頭職を遂行するにあたり
意識されていたとのことでした。
京都会議→「知識」
サマーコンファレンス→「見識」
全国大会→「胆識」
という流れです。

「知識」とは1次情報
「意見」とは「知識」ではなく誰かの思想が加わった2次情報であるという
鋭い分析も。

見識を養うためには、人と人が会い直接話しをすることが
大切であると改めて感じさせていただきました。
会わなくても見識を高められるのであれば、
本やインターネットで情報はいくらでもあるわけであり、
自ら足を運び、自分の目で確認し、多くの人に会うことで
見識を高め、自ら判断したことを実行に移すチャレンジ精神を
僕ら青年は忘れてはならないのです。
そのためには「好奇心」を持つこと。
自発的、自律的な好奇心が政策を掲げイノベーションを起こすのです。

東京ブロック協議会より多くの理事長をはじめとする
メンバーの皆様にもご参加いただきありがとうございました。

12802927_546272665534786_8771510976454155964_n.jpg

12814446_546270758868310_3479058705910736371_n.jpg

12800351_546272565534796_6375360720281915004_n.jpg

12512345_546272488868137_5789189695264877166_n.jpg




コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する