FC2ブログ

Entries

東京ブロック協議会 合同公式訪問

昨日は公益社団法人日本青年会議所 
関東地区 東京ブロック協議会2016年度 
合同公式訪問が開催されました。
東京ブロック協議会の小林会長のスローガン

前進 -人生を謳歌できる社会へ-

のもと1年間運動を展開されます。

多くの町田青年会議所メンバーが立川に
足を運んでくれました。ありがとうございます。

昨年はアカデミー研修委員会の
副委員長(塾長)として
東京ブロック協議会へ出向させて
いただいていましたので、
特に感慨深い合同公式訪問でした。

2016年度も多くの出向者を
東京ブロック協議会へ輩出
させていただきます。

伊藤直前理事長は
アカデミー研修委員会担当副会長として、
毛利顧問はブロックでも顧問として、
山田室長は国際委員会の委員長として
また多くのメンバーがスタッフや委員、
アカデミー生として出向します。

昨年のアカデミー研修委員会
ライス塾の塾生も
東京ブロック大会運営委員会に
清水総括幹事をはじめ
多くのメンバーが出向しています。
昨年アカデミー生だったメンバーが
活躍する姿を見るだけでも
昨年皆で共に頑張ってよかったと心から思います。

合同公式訪問では、各地会員会議所理事長が
登壇し一人30秒話しをする
機会がありました。
短い時間でしたので、
町田青年会議所の代表として、
昨年の東京ブロック大会町田大会のお礼と、
今年開催される
東京ブロック大会立川大会への
協力の約束を話ししました。



合同公式訪問の前は14時より、
第1回会員会議所会議が
同じ会場で開催され、戸塚専務と会場入りしていました。
東京ブロック大会やアカデミー研修委員会の宿泊事業、
オリンピズムを学ぶ事業など
上程されました。2016年度の東京ブロック協議会の運動も
楽しみな事業が多く上程されています。



会員会議所会議で小林会長の挨拶の中で、
成功と失敗は紙一重だが、自分たちの活動は
間違いは無いと信じて一年間楽しんでほしいと
いう話しがありました。

楽しむだけの余裕を持ち1年間
行動していきます。


立川青年会議所の中川理事長によれば
立川では6月にプロバスケットボールチームが企業では
なく、まちがバックアップして発足するそうです。

8月には大相撲の巡業も(町田も4月に町田場所が開催されます)
立川の銘菓 紀の国屋の「あわ大福」、美味しかったです。



立川青年会議所からは、
町田青年会議所の小林副理事長が
お世話になる日本青年会議所 
総務グループ 共感デザイン構築会議の
岡部議長が出向されています。
京都会議でのセミナーのPRもありました。
広報の視点を持った事業の作り方や、
最大のインパクトを創る広報に
ついて学べるセミナーのようです。



今日は東京青年会議所の賀詞交歓会が水道橋で開催されます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する